「としま生きものさがし」事務局による非公式ブログです。
by toshima-ikimono
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ニホンカナヘビ ふたたび

千早フラワー公園のつる植物の管理作業に行ってきました。
ニホンカナヘビに出会いました。今度は全身撮影できました。

他には、アブラゼミ、ミンミンゼミ、アオドウガネ、ツマグロヒョウモンなどがいました。
e0356949_13050352.jpg
としま生きものさがしでは、区内のニホンカナヘビ、ヒガシニホントカゲ、ニホンヤモリの情報をお待ちしております。
見分け方は「としま生きものさがし」夏の調査ガイドブックをご参照ください。



[PR]
# by toshima-ikimono | 2015-08-18 17:30 | 生きもの情報 | Trackback | Comments(0)

セミの観察

区役所の近くのグリーン大通りでは、アブラゼミ、ミンミンゼミが鳴いているそうです。

豊島区内にはニイニイゼミというセミもいます。
専門家調査では、ニイニイゼミは雑司ヶ谷霊園、染井霊園などで見つかっています。
アブラゼミ、ミンミンゼミと比べて小さく、ぬけがらは泥におおわれています。
みなさんの近くの公園でも、ぬけがらが見つかるかもしれませんね。
ぜひ、探してみてください。
ぬけがらの見分け方は、「としま生きものさがしで自由研究をやっちゃおう!」で検索表を紹介しています。

昼間にぬけがらがあったところは、セミが羽化をした場所です。地面を見ると、幼虫が出てきた穴を見つけることができるでしょう。
昼間にぬけがらをもとに、場所の見当を付けて、夜に同じ場所に行ってみると夏の間はセミの羽化が見られるはずです。
夜7時くらいから羽化が始まります。気の早いセミもいるので、夜6時半くらいから観察をはじめるとよいかもしれません。樹の幹を懐中電灯で照らすと羽化しようと木に登っている幼虫に出会うかもしれません。
e0356949_19113092.jpg
e0356949_19115709.jpg
(写真はイメージ写真です)

夏の終わりには、ツクツクボウシが鳴き始めます。
としま生きものさがしでは、声の確認だけでも記録できますので、声に気付いたら、お知らせください。

豊島区では珍しいヒグラシは、学習院で見つかっています。夕方に近くを通りかかったら、声が聞こえるかもしれませんね。

[PR]
# by toshima-ikimono | 2015-08-07 19:15 | 生きもの情報 | Trackback | Comments(0)

としま生きものさがしで自由研究をやっちゃおう!

としま生きものさがしで、見つけた生きもの情報をまとめると自由研究に活用できますよ!

写真を撮って、生きもの新聞、MY図鑑、生きものマップなどを作ってみるのはいかがでしょうか?
写真でなく、スケッチでもよいと思います。
e0356949_15080803.jpg
セミのぬけがらを標本づくりなんかもいかがでしょうか?
植物だと新聞紙に挟んで、本などの重しをのせて、押し葉標本を作ることができます。
e0356949_15162487.jpg


























セミのぬけがらの見分け方は、下記の金沢市の検索表などがわかりやすいです。
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/data/open/cnt/3/22330/1/kensakuzu.pdf
ちなみに、豊島区にはこの検索表にあるチッチゼミ、エゾゼミはいません。
としま生きものさがしもセミのぬけがら情報もお待ちしております。

自由研究だけでなく、としま生きものさがし事務局の方にも、調査用紙を送ってくださいね。
自由研究が終わってからでも間に合います! 9月30日まで受け付けています。

[PR]
# by toshima-ikimono | 2015-08-07 15:18 | 耳寄り情報 | Trackback | Comments(0)

ツユクサ

豊島区役所前の花壇には、ミソハギの花がたくさん咲いています。
e0356949_16382080.jpg
花壇の一角にツユクサがかたまって生えていました。
接写もしたのですが、ピンぼけでした(泣)
ツユクサのご報告と写真もお待ちしております。
e0356949_16323775.jpg

[PR]
# by toshima-ikimono | 2015-08-05 16:41 | 生きもの情報 | Trackback | Comments(0)

カナブン

2014年の情報ですが、長崎3丁目の長崎公園で7月17日にカナブンを見つけました。
クリの木から樹液が出ていて、そこをめあてに来ていました。
e0356949_17581053.jpg
e0356949_17352579.jpg
樹液の出ている木も昆虫の観察ポイントです。でも、樹液にはスズメバチも来るので気を付けて観察してくださいね。
今年も長崎公園のクリの木は樹液が出ているでしょうか?
この公園に行ったときは、人がいなくてとても静かだったせいか、オナガの群れも来ていました。

よく似たドウガネブイブイとの違いは、三角形のところ(小楯板)が大きくて先がとがっています。ドウガネブイブイは小楯板がもっと小さくて先はとがりません。成虫の食べ物も違っていて、カナブンは樹液、ドウガネブイブイは植物の葉です。

[PR]
# by toshima-ikimono | 2015-08-04 17:30 | 生きもの情報 | Trackback | Comments(0)