「としま生きものさがし」事務局による非公式ブログです。
by toshima-ikimono
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ツマグロヒョウモン

今日も送っていただいた写真を紹介します。
豊島区でよく見られるようになったチョウ、ツマグロヒョウモンです。
8月18日に西池袋4丁目で見たそうです。キバナコスモスの花の蜜を吸っています。

写真はメスで、オスは前ばねの先の黒いところがなく、全体にオレンジ色で黒い点々模様(豹柄)になっています。
名前の由来は、はねの先(つま)が黒い豹紋(豹柄)のチョウという意味です。

昔は見られなかったのですが、近年、地球温暖化の影響で北上し、関東でも見られるようになったといわれています。豊島区でもよく見られるチョウになりました。幼虫はスミレの仲間の葉を食べるのですが、公園などにパンジーがよく植えられることも、このチョウが増えている一因となっています。
e0356949_15254577.jpg

[PR]
by toshima-ikimono | 2015-08-20 15:29 | 生きもの情報
<< キカラスウリ順調に育ってます シオカラトンボ、オオシオカラトンボ >>